ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです
現在表示しているページの位置

学会で発表された「メタボ研究プログラム」の生活習慣改善に必要となる食事において、”はるさめヌードル”が採用されました!

2007年10月~12月、財団法人京都工場保健会(京都市中京区)において、
メタボリックシンドローム改善効果検証の研究が行われ、そのプログラムに適した食品として、

「はるさめヌードル」が採用されました!

同プログラムは、206名の参加者に対し、食生活や適度な運動など、 生活習慣全般にわたる指導を目的としたもの
で、適度な運動など様々な指導項目がある中、食生活を改善する項目として対象者に一日一回分の食事を「はるさめ
ヌードル」に置き換え、約3ヶ月間連続で摂食することでカロリーコントロールし、 IT保健指導ツールにて測定および
指導を実施しました。

その結果、同プログラム参加者206名のうち、 特にメタボリックシンドロームと診断される68名において体重、
腹囲、BMI(肥満度)、血圧、血糖、TG(中性脂肪)、HDL(高比重リポ蛋白)などの数値に顕著な改善がみられ、カロリー
抑制と適切な指導プログラムの併用が、

メタボ研究に一定の効果があったことを実証することに成功しました!

プログラム参加者結果グラフ

イオン作戦PartⅡ メタボ非メタボによる解析
学会発表分 論文PDFダウンロード
財団法人京都工場保健会ホームページ
http://www.kyotokojohokenkai.or.jp/