ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです
現在表示しているページの位置

ワンタンメンヒストリー

ワンタンメンの誕生

1959(昭和34)年に第1号ラーメンとして『エースラーメン』(味付けラーメン)を発売。 当時の味付けめんでは、技術的に醤油味ぐらいしか作れなかった。 1962(昭和37)年頃には、技術の進歩でスープを別添にすることができるようになり、 味のバリエーションを増やすことが可能になった。

創業者である村岡慶二(当時の社長)は、「めんの"つるつる"感ともやしの"シャキシャキ"感の、 食感の違いがおいしさを生み出す」ということに気づいた。
そのことから、2つの食感を楽しめるよう、幅広いめんと細いめんとで、 食感の違いを出せばおいしくなると考えた。 そして、幅の広い「ワンタン」の入ったラーメンを開発することとなった。
当時、開発員の中に手延べそうめんの職人がいた。その手延べ職人が、 「ワンタン」の食感や長さなどの開発を担当し、試行錯誤の末、1人で完成させた。

「ワンタン」は完成したが、「ワンタン」に合うスープを開発しなければならなかった。 スープの担当者は、オニオン・ガーリック、山椒、ゆずなど様々な旨みを加えて、 おいしいスープを追求したが、なかなか社長のOKをもらえなかった。
いつものようにスープ担当者が社員旅行をそっちのけで、 スープの開発に試行錯誤をしていたある日、ふと研究室の棚にあった、ある小瓶が目についた。 それに は「松茸フレーバー」と書かれてあった。 その時、スープ担当者は「松茸フレーバー」にそれほど魅力を感じていなかったのだが、 なんとなく気になり調合してみた。その日はもう夜も遅かったので、 とりあえず味を微調整して帰った。
次の日、社員旅行から帰ってきた社長に試食してもらうと、 なんとこれがOK!今までにない新しい味が完成した。

社長は、「ンがつくから、運がいい。『ワンタンメン』という商品名はどうか?」と命名し、 合わせて商品名もでき上がった。
こうして、1963(昭和38)年8月27日、スープ別添の『即席ワンタンメン』を発売することとなった。 この『ワンタンメン』は半世紀以上にもなり、現在のロングセラー商品となった。

ワンタンメンの歴史

年代 世の中の出来事 ワンタンメンの系譜 備考
1960年代 カラーテレビが登場
1963年
坂本九「上を向いて歩こう
(スキヤキ)」がアメリカで
ヒットチャート1位を記録
1963年
日米間テレビ宇宙中継成功
1964年
東京オリンピック開催
1964年
南海ホークス優勝
1967年
北千里駅に日本初の自動改札機設置
1969年
アポロ11号月面着陸成功
1963年
ワンタンメン発売 技術の進歩によりスープを別添にすることが可能になり、 松茸フレーバーのワンタンメンが誕生。
食生活のなかへ即席めんの普及が進み、 1962年頃になると消費者の即席めんへの注目度も急速に高まりつつあった。 研究室では開発チームをあげての新商品づくりが動き出す。
2代目
(1960年)
3代目
(1961年)
4代目
(1963年)
子ブタ人形
(1965年頃)
ワンタンメンのヒットとともにCMソングの歌詞を「即席ラーメン」から「ワンタンメン」に変更。 エースコックの子ブタは、当時、日本中知らない人がいないというほどのビッグなブランドになり、 現在もなお多くの人に親しまれている。
1970年代 大阪万博開催
1971年
ボーリングブーム
1974年
国内初のコンビニエンスストアが開店
1976年
大阪マルビル完成
1978年
成田空港開港
1974年
ワンタンメン醤油味発売
1980年代 インターネット誕生
1985年
男女雇用機会均等法成立
1985年
阪神タイガース優勝
1987年
マイケル・ジャクソン来日
1987年
なんばグランド花月開場
1988年
青函トンネル開通
1989年
消費税制度が税率3%で導入開始
1983年
白色パッケージ登場
1987年
ワンタンメン味噌味発売
白パッケージ
安全な品質と自社の商品に対する自信と誇りをもってPRした新聞広告
(1987年)
1990年代 Jリーグ開幕
1990年
国際花と緑の博覧会開催
1992年
「学校週5日制」月1回開始
1994年
関西国際空港開港
1996年
原爆ドーム世界遺産登録
1997年
香港返還
1997年
大阪ドーム完成
1998年
長野オリンピック開催
1999年
ユーロ始動
1991年
カップのワンタンメン登場
1993年
30周年記念パッケージ 豚骨味登場
カップのワンタンメン
30周年記念パッケージ豚骨味
こぶたのマスコット人形
(1997年)
2000年代 ユニバーサルスタジオジャパン開業
2000年
BS(放送衛星)デジタル放送開始
2002年
小柴昌俊氏と田中耕一氏が
ノーベル賞ダブル受賞
2003年
日本郵政公社発足
2004年
オリックスバッファローズ発足
2008年
くいだおれ太郎引退
2000年
「ヘリこぶた」が
パッケージに登場
2001年
4代目こぶたが再登場
2002年
ワンタンメン発売40年
4代目こぶたがフルカラーで登場
3匹のこぶたのぬいぐるみ
(平成13年)
2010年代 アナログ放送終了
2011年
サッカー日本女子代表初優勝
地上デジタル放送に完全移行
2012年
東京スカイツリー開業
ロンドンオリンピック開催
史上最多メダル獲得
2013年
ワンタンメン発売50周年
記念パッケージ

ワンタンメンブランドトップへ戻る