ページ内を移動するためのリンクです。

エースコック

ここからメインコンテンツです
現在表示しているページの位置
ワンタンメン
  • こぶたのプロフィール
  • 誕生秘話
ワンタンメンの誕生
記念すべき第1号ラーメン発売!

1959(昭和34)年に第1号ラーメンとして『北京ラーメン』(味付けラーメン)を発売。

当時の味付けめんでは、技術的に醤油味ぐらいしか作れなかった。1961(昭和36)年頃には、技術の進歩でスープを別添にすることができるようになり、味のバリエーションを増やすことが可能になった。

おいしさを生む“2つの食感”の出合い

創業者である村岡慶二(当時の社長)は、「めんの"つるつる"感ともやしの"シャキシャキ"感の、食感の違いがおいしさを生み出す」ということに気づいた。

そのことから、2つの食感を楽しめるよう、幅広いめんと細いめんとで、食感の違いを出せばおいしくなると考えた。そして、幅の広い「ワンタン」の入ったラーメンを開発することとなった。

当時、開発員の中に手延べそうめんの職人がいた。その手延べ職人が、 「ワンタン」の食感や長さなどの開発を担当し、試行錯誤の末、1人で完成させた。

記念すべき第1号ラーメン発売!

「ワンタン」は完成したが、「ワンタン」に合うスープを開発しなければならなかった。スープの担当者は、オニオン・ガーリック、山椒、ゆずなど様々な旨みを加えて、おいしいスープを追求したが、なかなか社長のOKをもらえなかった。

ある日、スープ担当者が社員旅行をそっちのけで、スープの開発に試行錯誤をしていた。
ふと研究室の棚にあった、ある小瓶が目についた。 それには「松茸風味」と書かれてあった。その時、スープ担当者は「松茸風味」にそれほど魅力を感じていなかったのだが、なんとなく気になり調合してみた。その日はもう夜も遅かったので、とりあえず味を微調整して帰った。

次の日、社員旅行から帰ってきた社長に試食してもらうと、なんとこれがOK!今までにない新しい味が完成した。

おいしさを生む“2つの食感”の出合い

社長は、「ンがたくさんつくから、運がいい。『ワンタンメン』という商品名はどうか?」と命名し、 合わせて商品名もでき上がった。

こうして、1963(昭和38)年8月27日、スープ別添の『即席ワンタンメン』を発売することとなった。 この『ワンタンメン』は半世紀以上に渡り続く、ロングセラー商品となった。

お客様へのお願い

  • ・高温多湿や直射日光を避け常温で保存してください。
  • ・インスタントラーメンを「防虫剤」「殺虫剤」「洗剤」「芳香剤」など香りの強いもののそばに置くと、それらの香りが移る場合がりますので、一緒に保管しない様にご注意願います。

当社の製品は全て合成保存料・合成着色料を使用しておりません。

製造所固有記号情報

ページの先頭へ

Copyright © Acecook Co.,Ltd. All Rights Reserved.